私らしく
続きです。

自分を生きていても全体の流れがあるので滅びるときは滅びます。

一度リーディングを受けてみたいな〜と思っていた方がいらっしゃって
機会があってセッションを受けさせていただいたとき、
「和子さん、人類が滅ぼうがアセンションがどうとか
本当はどっちでもいいって思ってますよね?」と言われました。

あ〜。その通りです^^;
この仕事をしていてそれって!?って感じですが
何度滅んでもどんな紆余曲折を経たとしても、人は光を目指すと信じているので
またやればいいという視点で生きています。
だからといって、どうせどうにもならないって放棄するのではなくて、
今世でやりたいと思ってきたことを楽しみつつできるだけのことをして
結果にはこだわらないってこと。
自分が持つ愛を世界にあらわして生きられたらいいと思っています。


スーパーバイザーいわく、私はちょっと変わった立場にある
“見守る役割の人”なのだそうです。
どういう人なのでしょうとたずねたら、
「今は闇が強くなっているという話をしたら『闇がイキイキしてるってことですね』
と答えましたね。そういうふうにとらえる人です」と。
彼ら(闇)にとって真実だから、そういうものだからやってるんだなー
と思ってただけなんですがソレなのか。

または黒や白な人が「こんなことになっている。どうしよう!?」とかけこんできたとき
「それはそういうものだからね」と言ったりする、老人のような感じだとか。

それで気がつきました。私が感情を決してないがしろにしたくないと思っているのは
こうした視点を持っているからこそなんだって。
これで感情なかったらなんで人間やってるのって思いそう^^;

感情は人間だから経験するもので、愛には欠かせないって感じてます。
悩んだり傷ついたり傷つけたり、喜んだり愛したりしながら老人的でいたいです。
どこまでも老人か(笑)。

3〜4つ前の記事で書いた、純粋な子供と無垢な老人の話ですが
何も知らない超純粋な子供ってすごく若い魂で
たくさん体験して到達した無垢さをもつ老人はすごく古い魂なのかなって
思いました。

古すぎる魂は背負ったものが多すぎてわけわからなくなることがあるそうです。
私はかなり古いみたいです。うすうす気づいてたけど^^;
そういえば手放したり消化する段階がとても苦しかった。去年と今年前半が。
無垢は軽いものなのでどんどん消化しないとね!


なんかいろいろ逸れてないか。大丈夫かな。
そんなわけで、ちょっと変わった立場にある自分を
受け入れられるようになってきてるなって思います。

スターコネクタープログラムとコズミックナビゲーション講習を
させていただくようになってからとても自然な自分が出てきて
ありがたく思っています。
受けてくださった方々にはたくさんのことを教えていただきました。
宇宙的叡智をお渡しすることができてうれしかったし、
おかげさまでもっと星のお話をしたいと思うようになりました。

私を私らしくしてくださったみなさまに感謝しています。
本当にありがとうございます。
星につながって自然な自分を取り戻したり癒される方が増えるお手伝いを
もっとさせていただけたらいいな。楽しいから^^


前記事で書いた「ふつうのこと」について。
世間のふつうが自分にもそうとは限らないので
自分にとって心地よく楽しいものに素直に向かっていくことなんだと思います。
楽しいものに向かうってよく聞く話です。
そのよく聞く話を実行できないなら自分の中にひっかかるものがあるはず。

私にとってはこのお仕事がふつうだし、自然と向かっていくものです。
でもたどりつくのに抵抗があったのでワークやカウンセリングに助けてもらいました。
つまづいてるからといって必ずしもダメじゃない。
深く深く望むことは消えないのです。

自分を生きるには「それ楽しい?」って問うことに尽きるのかもしれません。

長くなりましたがお読みいただいてありがとうございました。


やりたいことを詰めたリュック
気がつけば宇宙の話をずいぶんしやすくなってきたなぁと思いました。
アセンションとその後に必要と感じて出てきたのが銀河のメリディアンワークでした。
今まだ出せないワーク(情報?)もありますが
人類の変化に合わせて可能になるんだろう思います。

何度か書いた気がしますが、星のエネルギーを感じると人は多次元的になります。
深い喜びが生まれ、ここで何をしたいのかわかったり
頭で(=言葉の表現で)はっきりわからなくてもなんとなく感じて
そちらへ進みはじめたりします。

アセンション(次元を上がる)とは自分自身を深く知り、
自分マスターになっていくことです。

自分を知って、ここでやりたいと思ってきたことをやる。
他の人がやろうと思ってきたことを真似しても喜びはないし
そんな姿を見る周りの人たちも喜ばないのです。

スターコネクタープログラムでは、よくリュックの話をします。
みんな地球にやってくるとき、やりたいことをたくさんリュックに詰めてきて
中身を実行したときに幸せを感じるようになっているというお話です。

それって人間生活を楽しむことだと思うのです。
友達や家族と話したり遊んだり、仕事に打ち込んだり、趣味に没頭したり。
好きなものを食べたり運動したり音楽を聞いたり。

そんなふつうのことなのだけれど、情報の影響を受けたり悩みすぎたりして
自分にとってなにが心地いいのかわからなくなってるのかもしれません。

もうちょっと続きます。



身近なヒーラー
鍼灸から帰ってきたらだるくて、寝てしまったら中途半端に目が覚めました。
あれは体がお休みモードになりますね。
今日も少し自分のお話を書きたいと思います。


コズミックナビゲーション講習の記事で、
『私の願いは、人間から離れた宇宙的概念や意識を持ちながらも
人間としての感情も日常生活も愛して生きている、そういう宇宙的な方が
一家または一族に1人いて、その方が話したり存在することで
自然に周りが癒されたり変化していくということ』
と書いたのですが、ふりかえってみたら自分がそうなっていたことに気がつきました。

私の生まれた家庭は物質面はとても充実していましたが、精神面でどこか抜け落ちているところがあり、「この家の精神面は私が将来なんとかするんだろうな」と中学生くらいで感じていました。(なんとかって何する気だったのか私^^;)
特に母は感情のバランスがあやうく、私も鋭い子供だったので受けとめながらとまどっているような感じでした。
数年前に父が亡くなり、母のバランスが大きく崩れて一気にいろんなものが出てきて心療内科を考えるほどになりましたが、本人の気が進まなかったのでそれは行きませんでした。そこで私は遠方からですがカウンセリングとは言わずにカウンセリングをやってました。同居であるがゆえに直撃を受ける兄にも同時に。

兄いわく「おまえよく耐えたな。あれは大変だったわ」。身内は立場的に近いのでむずかしいだろうと躊躇していたのでその点で心情的に大変だったし、やりはじめてみると相手は母親ですからインナーチャイルドも刺激されて苦しかったです。でもおかげで私も癒される機会をもらったと思っています。

実家はスピリチュアルどころか精神面の話もさっぱりな家なので、この仕事についても話しづらく、母にも可能な範囲でこっそりワークしていました。
母の癒しが進み、不思議なことに親族や親しい友人など身近な方からセッションの依頼をいただくようになりました。そして母にワークの話ができるようになり、じゃあそれやってみてよと言われてびっくり。なんだか落ち着いてラクになったわと感想までもらえました。


身近な方のセッションのいくつかは、重い心の問題を持つ人が出てきて周りの人は精神科や心療内科を考えたのだけれど、それでよくなる気がしないということで私に依頼がきたという流れでした。
薬を出すだけだよと話していた知り合いの精神科医もいましたし、微妙なラインの人はどこへいこうか困るのかもしれません。
微妙というのは、投薬までは必要ないけれど家族や友人が話を聞くだけではこれ以上どうにもならないという状態。
私が知らないだけかと思いますが、お話を聞くという機関があまり認知されてないのかもしれません。ヒーラーさんがお話を聞くという部分をサポートできるようになるといいなと心底思います。ワークがプラスされたらむしろそちらが効いたというパターンもありますし。ヒーリングやワークができるカウンセラーさんが増えてもいいのだけど。
『一家または一族に1人』がもっと増えたら、微妙なラインの方たちがラクになるのだろうと思います。


というわけで、いつのまにか私自身が身近な人たちをサポートすることができるようになっていて、願いがかなっていたことに気づき、とてもうれしくなりました。
また私自身も学んだり癒されることがたくさんあり、貴重な体験をさせていただいていて感謝でいっぱいです。身内とのセッションは近しすぎてむずかしいと思っていたのですが、むしろ最初から遠慮なく話せるという点がよかったと聞いて、逆に考えていたのでとても勉強になりました。

私は深くつながることが好きなんだと思います。とても臆病なんですが。
その方がもってる深い何かをいっしょに見つけて引っぱり上げて豊かになるとうれしいし、深い何かを見ることができたこともうれしいのです。可能性を見るのが好きなのかも。

カウンセリングはいつも綱渡りでクライアントさんと慎重に歩いていきます。
ワークよりも慎重です。もうどきどきなんです。
心の問題がどれだけ人を左右するかが身を持ってわかっているから。
あなたの落ち着きに癒されるとよく言われますが、本人わかってません^^;
でも私から落ち着きが流れ出ているのだとしたら、私もまたそれを自覚してセッションで活かしていくといいのだろうと思っています。自分についてもっと抵抗感をなくしていきたいです。ああこうなんだなって受け入れていくような。

長くなりましたがお読みいただいてありがとうございました。

らせん状の成長
今日は最近思っていたことを書きます。

小さいころ、「みんなのために相手のために」という考えからはじまって
行動することが基本でした。
そうすることが嬉しかったし自然でした。
それがおとなになってもずっと続いていてました。

自分の内面に向き合わないと生きることが難しくなって
その後お仕事をはじめてからも学びと癒しが続いて
気がついたら「自分のために」になってました。
みんなより自分。自分がどうしたいかだと考えてました。

え、どうしちゃったの私!?と思いましたが
昔のように戻る気がまったく起きませんでした。
自分勝手なような気もしましたが、まぁ今の私はそうなんだからそうしようと
そのまま自分優先でやってました。
自分を殺した状態では人生は開ききれないから
ここで自分を取り戻そうとしていたんだと思います。

自分のために〜をやっていたら
また「みんなのために」になってました。

でも今度はちゃんと自分のことも考えています。
自分を含めた全体像を見ている感じで、
みんなが自分の一部になっていて切り離せなくなっています。
宇宙の一部ってこういうことなのかも・・・と感じました。

「自分は宇宙そのものであり、宇宙の一部でもある」って
コズミックナビゲーション講習でも書きましたが
このあたりから来てたんだなーと、今(!)思いました。


らせんの成長なんだ、と思います。
A地点「みんなのため」とB地点「みんなのため」は一見同じようで
違う場所なのです。

神性のワークでも、成長の段階はらせん状だと書きましたが
宇宙における成長はそういうものだと感じています。
人間世界は時間軸があるために直線思考になりがちなだけで。

だから進歩してないなんてことはなくて
似たようなんだけれどもちゃんと違う地点です。

15年ほど前だと思いますが、自分の成長について変化を感じたとき
魔法のじゅうたんのようなものに乗って、ぐる〜っとまわって
似たようなところなのにちょっとだけ上にあがったような
ビジョンが入ってきたことがありました。
あ、段階あがったんだ。変わるんだなって理解しました。

考えてみると唐突なビジョンけっこうあります^^;
小学生のときに30歳で大きな変化がくると感じたり。
まったくその通りになって人間関係全滅したりして
あっというまに今の生活になりました。


ところで、らせん状に上がっていって一番上の点まできたら
どうなるんでしょうね。

もしかしてまた一番下にぴょーんって下がって
また上がっていくのかもしれません。
ということは上も下もないってことで
学びの場が違うだけで優劣はないってことだなって思います。
終わりなき成長と学びです。

こんなこと考えて生きてます。
あれ?今日にはじまったことじゃなかった。

宝箱なんだよね☆
苦手と感じることに、いま正面から座っている感じです。
自分の星チャートを見ても、一生かけて取り組みそうな点。それは誰しもが持っていて、お話をさせていただくと「うっ・・・わかってるんですけど」とみなさん、もやもやしてきます。
私ももやもやしてました。でも星のテーマを避けたところでいつかめぐってくるわけで、軽くてハッピーで楽しいところだけ体験しても成長できません。苦手とかいやだなーってところに宝箱はあります。
段階的に取り組んできてちょっと落ち着いたなーと思っていたけど、あれ?なんかまた向き合う流れ?とうすうす感じてきて、がっつりいくんだと自覚したところです。

私が私だと思っていたものがなくなっちゃった感じなんです。
もともと私は「私」を感じるのがむずかしくて(昔はそのことすら知らずに生きていてさまざまな問題が起こってました)、自分のホームがないまま旅してるみたいでした。あ、肉体的な家族とは別の意味です。宇宙的ホームはわかるけれど人間のホームがあいまい。
それで、見つけたと思ってた人間ホーム(笑)がなくなってしまい、もっと大きな自分へ進むのかなと感じています。より人間になることが自分を拡大させるっていうと逆に見えますけど、そのとおりなんだなって思っています。

星読みではみなさんにステップアップのお話もしてますが、私自身もおそるおそるジャンプしたりして試行錯誤しながら新しい段階にチャレンジしてます。あきらめたら中途半端に終わってしまう気がして、それはつまらないなーと。取り組んでいるうちに自信がついて楽しくなってくるのも確かです。

最近メリディアンワーク・ソウルのお申込みが増えていますが、ステップアップを助けるのにとても適したワークだと思います。3回セットでじっくりお受けいただくと、自分の中で次のテーマを見つけやすくなるのでおすすめです。



9月の星のスクールは近日中にご案内をアップします。
お待ちくださいませ。
星の道しるべ
お礼が遅くなりましたが、星のスクール・4/10新月一斉ワークに
ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
唐突な開催でしたが予想以上の参加表明をいただいてとてもうれしかったです!

ご感想もありがとうございます。
ご感想をくださった方にはささやかながらお礼の無料ワークを
送らせていただいています。

フォローセッションの星のチャネリングワークも楽しくやらせていただいています。
星のチャネリングはなぜかすごくパワーが要ります。
今日も眠いです。でも心地よいのです^^
たくさんワークさせていただいてありがたいな〜と思っています。

適切にワークをおこなうには情報が多ければいいわけではないので
情報過多にならないよう、いま必要なことをチャネルしていますが
範囲を広げすぎると、あれもこれもあるからそのお話したいー!
とついついなってしまう私^^;
その時その時で情報がありますので、また星読みが必要と感じられた時に
お申込みいただけたら幸いです。
※一斉ワークのフォローセッション申し込みは4/17(水)終日です。
ご希望の方はセッションご予約フォームの最終欄にその旨お書きいただいてお申し込みください)


人はいつでも変わることができますし、思うように生きる力があります。
でもそれを発揮するとなると、思考や感情、習慣などによって
自分の前にハードルを立ててしまいます。
星はそのハードルを教えてくれていて
いまこういうテーマに着目すると楽しく進めるよ〜とか
逃げてもまたやってくるよ〜とか言ってくれます(笑)。

かくいう私もあらためて星を見ると歩んできた道がよくわかります。
幼少期からずっと地球から逃げたかったけれど、ついに覚悟して取り組んで
人間としての自分とそうでない部分をバランスよく保つことで
星や存在からのチャネルをやりやすくし、いろんなワークや企画を
こちらにおろしてくるようになっていきました。
これやってないと死ぬ気がします。私の内なるものが。

自分に向き合って生きることは簡単なようでそうでもなくて
ハードルを受け入れていくことは人によっては死闘に近いものがあります。
抵抗が強い場合、それだけ抱えるものが大きいのです。
そして開かれたら出てくる感動とか素質、解放も大きい。
おきらくごくらく♪は大事なスタンスだけれど、おきらくをしながら
同時に死闘するような時もあるのです。


さて次の星のスクールはいつになるのかな。
また星に耳を澄ませようと思います。

魂と心と体のアセンションセットワークもお申込みお待ちしてます。
地球もまた変化が続いているので、その波に乗って
新しい地球に生きる体と心と魂になりましょう♪
純粋さを見る
自分の中にある純粋さを静かに見ています。泉のようです。
そこから小さくわきあがってくるものをうれしく感じています。
ちょっとでも体を締め付ける服が嫌になって、するりと風が通るようなものや
ちょうどいいくらいのものを探すようになりました。
うあー。お金が飛ぶ^^;

心って大変です。すぐあちこちへ飛んで落ちたり上がったり。
でも向き合おうって決めるととても大好きなことに気づきました。
思い出したといったほうが近いかな。

こういう感情がわくのか、おもしろいなーなんて前は思ったりしてましたが
いまはその感情があることを受けとめているだけ。
愛おしいという言葉さえ執着に聞こえるくらい、ただそのままに在る感じです。

エネルギーワークがとてもしやすくなってびっくりしてます。
ハートのアルケミーがしたい。
それがなんなのかわかりませんがそう思ってます。


----☆----☆---

時間が経ってしまいましたが、一斉ワーク「自分の力に自信をもつ 〜境界線のない自分になる〜」にご参加いただいた皆さまありがとうございました。
思った以上にパワフルで、ばーんと壁をぶち破った方もいらっしゃいます。
私もすんごくナチュラルにワークさせていただけて楽しかったです^^

ちょっと境界線のお話を。

境界線って自分を確立させるために必要だけれど
すべてが自分になってしまえば、自然といらなくなるのだと思います。
または取り外し自由になるといいますか。
比較や対象があることは、恐れや優劣を生みがちです。
このワークは一度全部が自分になるので比べるものもなくなって
自信がわいたり人によっては安堵したようです。

ワークのみのお申込みだった方で別途セッションご希望の方は
4/7までにご連絡くださいませ。

人生を作るということ
自分の中から本当にしたいことを生み出すためにもんもんとしています。
ここまで深いのも初めてかもしれない。新しいワークは作ってきたけれど、さらに深層にある本当に本当にしたいものを、気がついていたけど置いていたものをとうとう掘り出そうとしている感じ。

私は絵やお話を作ることに関する職業をめざしていましたし、デザインのお仕事もしていたのでものを生み出すという過程をいつのまにか体験してきました。それが出てくるまで意識の焦点ははずさずに、毎日を過ごしながら待つしかなかった。(自分の中にインプットしたら気にしないけれど、奥深いところでは焦点をあわせてるという意味です)

絵とか音楽とかいわゆる「もの作り」といわれることから離れてみて思ったんですが、人は自分自身を作っているからみんなアーティストなんですよね。自分の思いや行動で人生を手作りしている。
スーパーバイザーがブログで人生はアートという話を書いていて、昔そう考えたことを思い出しました。

10年ほど前にパトリス・ジュリアンさんの本を何冊か読んだことがあります。「生活はアート」という本を出されていて、生活を工夫して丁寧に楽しく暮らそうってお話なんですが、禅が好きでけっこう深いことを楽しく書くので「人生はアート」ってタイトルでもいいんじゃないかと思いました。
この方はフランス大使館員として日本へきて、レストランはじめたり離婚して日本で暮らし続けたり、本書いたり、日本人女性とフランスへ戻ってあちこち旅をしています。順風満帆ばかりでなく、お金や人のことでぶつかることもあったようですが、それも含めてのアート。自分がなにをしたいかを掘り出して、思いっきり表現して人生を作っている方なんだなと思いました。

生活の積み重ねが人生ですし、非生産的だムダだとうだうだする日々も、没頭して楽しい日々も等しく自分というアートのピースになっているんだと思います。だからこの掘っている日々も掘ることをやめなければいつか見つけるし、そこからまたあらたなワークへの喜びを体験して人生はできあがっていく。
パトリスさんの文章から自分励まし用(笑)。他の方のお役にも立てたらと願いつつ。

『僕たちはまたパッション(情熱)を思い出すだろう。それはミッションみたいにきちんとしたものではなく、もっと激しくて無謀とさえ感じられることもある。だけど僕たちは今度こそ、それを追いかける勇気を持たなくちゃいけないんだ。危険を冒す勇気を。そもそも危険って、いったいなんの?死の危険?だったら平気だね。いずれはみんなそこにたどり着くんだから』


----------☆----------☆-------------

一斉ワーク「自分の力に自信をもつ 〜境界線のない自分になる〜」へのお申込みありがとうございます。今日14日締切でしたが16日正午に延長します。(お振込締切:16日終日)
どなかたいらっしゃるような気がするので。

告知の記事で書いた海王星の話をもっと考えてみました。

海王星は境界線をなくして混沌を作る働きがあります。いま本来の座である魚座に回帰しているので世界はいろんなものが混ざって白黒つけにくい状況になり、これからもそれは強くなると思いますが、いったんまぜまぜになって捨てるものを捨てたり、境界線がなくなることで癒される体験ができるので、新しい理想を生み出す水瓶座時代を進むためには必要だったりします。

水瓶座はあの国だけあの地域だけというローカル性を払い、どこでも共通する普遍的なやり方を作ろうとするので、その前に取れる垣根は取ろうって感じでしょうか。水瓶座の支配星である天王星は、個別化や個性の星ですから混ざっても個は存在します。

一斉ワークも、境界線は消えても個は残るので同じなのだと思います。そうして生まれ変わったときに深いところにあって気づかなかった力に気づいて、また新しく生きていくのです。
ワークがどうぞ必要な方に届きますように☆

詳細・お申し込みはこちらから

ワークショップの締切/近況
ワークショップの準備をほんわりと進めております。お申込みいただいた方の中には心や体に変化が起こっている方もいらっしゃるようです。準備ワークは予定通りにおこないますが、その前からそれぞれで必要なことがはじまるのだと思います。

ワークショップ「宇宙コネクション」のお申込み締切は2/7(木)です。
みなさまにお会いする機会は少ないので私も楽しみです☆
ご案内&お申し込みはこちらから


近況的なお話を。
サイトを本格的に作り直しています。2年ぶりくらい?かな?
本職の頃に使っていたソフトが古すぎて(笑)、Windows7で動くものの、
機能の一部が機能しないという状態。めんどうなので直でプログラムを打つことも。
デザインはテンプレではないので1から作ってますがとても楽しいです!
気がつくと何時間も経ってる。

私はふだん気になった話とか思いついたことをメモ的に残すため
手動ブログのようなものを作って使っています。
私のパソコン内でしか動かないブログと思っていただければ。
こちらもついでにデザインを変えようと画像をいじっていたら
いつの間にか後ろにいたダンナさんに、色使いやセンスをほめられた。
うわわ〜!うれしいけどヤメテ。はずかしい。すっごい照れ屋なんだってば!!!
とても絵の世界をめざしていた人とは思えないといわれて、うんそうだなって思う^^;
見られて当然の世界ですもんね。
私ってこうやってすぐ恥ずかしくなって引っ込んでしまうんだよなぁ。
ありがとう〜とかさわやかな笑顔でさらっと素直に言ってみたい。

もの作りをしたおかげでエネルギーがすっきりしました。
サイト全体や画像の色バランスはちょっと変えるだけで雰囲気が変わるし
ちっちゃいアイコンや、ストライプなどの模様画像つくったり、
ああいう色世界を作るのが楽しいです。ハッピーです。

新サイトはちょっとしぶい色合い、かつシンプルです。
ワークのご案内文も少し直しているので、完成したらぜひ見てみてください。
そいでは〜。

改革が進んでいる
一斉ワーク「第六感を開くワーク」を昨日おこなわせていただきました。
じわじわ少しずつ広がる方と、サッと終了した方といらしゃる感じがします。
さっそくご感想もいただいてありがとうございます。
来年は本格的に肉体改造ワークをはじめる予定でいます。ご感想を拝読して、効果と方向性の確認ができたりして、よりワークを深めるための助けをいただいてます^^


考え方や価値観の改革が、秋に土星が移動してから特に進んでいる気がします。
自分とディープに向き合わざるを得なくなるので、その過程で考え方を変え、
結果としてものごとの選択や行動も変わってきていると思います。

現状維持に固執し、同じところを回っている方はとても苦しそうです。
でも苦しむだけ苦しむことも自分を知る豊かな体験ですし
行くところまでいった後だからこそパッ!と変えることもできます。
納得のいく道がよいと思います。
もう迷い疲れたという方には、銀河のメリディアンワーク・ソウルバージョン
おすすめしたいところです。
一度晴れた空を見てみることで、また新しいものが見えたりすると思うのです。



ちょっと近況などを。
前回の記事で熱は引いたとか書いた直後、熱が出ていることに気づきました。
大ウソつき(笑)。

新月(13日)に双子座流星群は見ることができました。大きくてきれいだった。
ここ何十年か、かなり大きなうねりがきていてまっただ中で、
みんないのちを輝かせて生きてるんだって思いました。
一人一人は自分の魂の願いに向かう生き方しかできなくなりつつあって
全体はまとまってひとつの方向へむかってる。どきどきします。

魂の願いに向かえなくて苦しい方が多いのかもしれないですね。
でも向かう気持ちがあるなら大丈夫って思います。
魂の願いに向かえない人はいない。その過程はあっても。

こういうところ、私はフシギなほどに後ろ向きな考えがないのです。
明るい道ばかりではないかもしれない。
それでも人類の先がとても楽しみです☆